アオイロンの記録

主に青い料理と食レポと園芸についてです。アオイロンは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

彼岸花あれこれ

こんにちは。アオイロンです。

今回は彼岸花(リコリス)のお話です。この記事は青さ10%位でいきます!

まず。彼岸花って怖いイメージがありませんか?家が火事になるとか、毒があるとか…

でも実は人間の暮らしに大いに役立っていたのです。

彼岸花は中国から日本に渡って来ました。中国の彼岸花は種を付けて増えます。たまたま日本に来た彼岸花はその三倍体の個体だったのです。

三倍体ということは種を作れません。日本の彼岸花は球根が分球して増えるしかないのです。つまり全て同じ遺伝子、クローンのようなものです。(最近は種を付けるものが出てきたという噂も…中国からまた渡って来たのでしょうか?)

種も作れず、球根で増えるしかない彼岸花がなぜ全国の畦道によく生えているのか…
そう!人が植えていったのです!

彼岸花の球根の毒は田畑を荒らすモグラ避けになりました。更に毒は水に晒すと消え、食べる事ができました。その他にも球根をすりつぶして湿布にしたり…

危険な様で人の生活に役立っているのです。最近は園芸品種(リコリス)も増え、カラフルで美しいです。


さて、なぜ今になって彼岸花の話をしたかと言うと…f:id:abluecooking:20180113144814j:plain

ジャーン!偶然出先で見つけてしまったのです。彼岸花!しかもなんと…f:id:abluecooking:20180113144921j:plain
分かりますか?八重咲きです!レアな上に2球も入ってて二千円以下!これはお買い得ですよ!しかも親切な店員さんがポップのお写真まで付けてくれました!

秋には球根が肥えて植え替えが必要なんだとか…確かに根が底まで出ている…育て甲斐があります。
f:id:abluecooking:20180113145428j:plain
いやー外に出てみるもんですね!良いことあった!

ついでに我が家の彼岸花の園芸品種(リコリス)もお見せします。
まずは美しいフリルと上品な白色と僅な赤い一筋。「真夏のクリスマス」二年目でやっと開花してくれました。f:id:abluecooking:20180113150256j:plain

続いて迫力ある波打つ花の形と、コンロの火のような青とピンクが珍しい。「ウエキ2号」です。f:id:abluecooking:20180113151300j:plain

続いてかんざしになりそうな可愛らしいカールと黄色い花粉がアクセント。「思春期」f:id:abluecooking:20180113151449j:plain

最後はスラリとした花の形に青い筋がクール。「ミステリー」
f:id:abluecooking:20180113151640j:plain

我が家の彼岸花(リコリス)はこんな感じです!あとは黄色い花のショウキランもあるのですが、三年経っても咲きません。彼岸花(リコリス)は気難しいですが、なかなか可愛い奴です。新しくお迎えした八重咲き彼岸花と共に可愛がってやります。

長い記事なのに読んで下さってありがとうございました( ;∀;)
彼岸花のイメージは変わりましたか?ではまた次回!

【山野草】八重咲ヒガンバナ

【山野草】八重咲ヒガンバナ